1. かつ吉日比谷国際ビル店

かつ吉日比谷国際ビル店

かつ吉日比谷国際ビル店の特徴

  • 古材(江戸時代の水道木管)や欅(けやき)の無垢材を使っています。
  • 50席を超えるゆったりとした空間。ごっゆくりとお寛ぎください!
  • 50余年を超える伝統のとんかつです。
  • 厚切り生姜焼きなど素材の旨みをお楽しみ下さい!
  • 旬の食材を用いる「コース料理」もございます。
  • 大切な方とごゆっくりお楽しみ下さい!

60余年を経て、再び「内幸町」に。

戦後間もない昭和30年代内幸町に、「かつ吉」の創業者故吉田吉之助が開いた洋食店「はとや」がございました。その後ビルの建て替えで移転となり、業態を替え「かつ吉」となりました。内幸町は弊社の出発地とも言えます。
 
その内幸町の日比谷国際ビル様より誘致のお話をいただき、平成26年4月、約60年の時を経て、再びこの地にお店を出店させていただく運びとなりました。

江戸時代の水道木管をモチーフに

日比谷店の一番の特徴は江戸時代に江戸城(皇居)までお水を運んでおりました「水道木管」を装飾品として用いている所です。

入り口の看板や大きな額縁、蕎麦猪口等の骨董を置いている棚はすべてその「水道木管」です。
創業者が四谷付近の地下鉄工事で発掘されたものを譲り受け、私共の倉庫で60年近く保管をしておりました。

無垢材の温かみと優しさ

テーブルや支柱には無垢材(ケヤキ等)、梁材には古材を用い、日本人が大切にしてきた「本物の木」にこだわりました。

また味噌汁椀や漬物入れ、サラダボール、椅子などは群馬県上野村の職人さんのオーダーメイドです。手作りだからこそ味わうことのできる「温かみ」を感じていただければと思います。

アクセス方法住所

〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルディングB1F

営業時間営業時間

【月~金】
11:00~22:00(L.O.21:00)
※8/16(水)より『通し営業』致します。
 
【日・祝】
休み
 

※2017年8月16日(水)より
1.平日を通し営業に致します。8/16(水)より。
2.土曜日を定休日に致します。8/12(土)より。➡土曜日は貸切(ご予約)のみ営業致します。

ご予約ご予約

03-6205-4919(ご予約のお席には限りがございます)

アクセス情報

地下鉄内幸町駅(A6出口)より直結をしております。
地下鉄霞が関駅(C4出口)も直結になりました!
日比谷国際ビル地下1階です。
お電話いただけましたら、ご案内いたします。(TEL:03-6205-4919)

都営地下鉄三田線「内幸町駅」A6出口直結・・・徒歩1分
東京メトロ千代田線・丸ノ内線「霞ヶ関駅」C4出口直結・・・徒歩3分
JR山手線「新橋駅」日比谷口・・・徒歩7分

東京メトロ日比谷線「日比谷駅」A14出口・・・徒歩5分
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」9番出口・・・徒歩5分