1. 冷やしかつ丼で怒られる(苦い思い出)

新着情報

冷やしかつ丼で怒られる(苦い思い出)

2017.07.08

こんにちは。梅雨ですね。ジメジメしますね。暑い日は特に不快指数が上がると思います。今日はこんな日に思いだす苦い思い出をご紹介します。冷やしかつ丼を始めて販売したのが2002年の夏。今から16年も前の事です。

日韓共催のサッカーワールドカップがあった年で、日本中がサッカーに熱狂していました。試合が放送される午後7時になるとお客様がこぞってご帰宅され、この6月は当時の過去最高落ち込みを記録しました(;’∀’)。

 

 

ただでさえ夏は揚げ物を避けられるのに、このW杯の影響は文字通りWショックでした。このままではまずい!夏に負ける!と日本代表が世界と戦っている中、我々は『冷やしかつ丼』を開発しました。

最初は出来たてのかつ丼を冷凍庫で冷やして食べてみたら、予想通りただ冷やしただけのかつ丼で、とてもお客様に出せる商品ではありませんでした。

 

 

そんな中なんとか夏限定の新商品『冷やしかつ丼』が商品として生まれました。しかし賛同してくれたのは数名だけ。殆どの社員からは『気は確かか?』『絶対に売れない!』と思われる逆風のスタートでした(;’∀’)。

そして常連のお客様からも当初は『旨いわけがない!』『老舗がそんな商品を出す必要はない!』『アイデアが許せない!』などなど怒られる顛末

ある店長はお客様からのご意見がトラウマになり『冷やしかつ丼だけは勘弁してください』と言われた切ない思い出もあります( ノД`)シクシク…。

 

 

この画像の週刊朝日さんに記事にして頂いたは新発売から7年後の2009年雑誌のイラストにまで怒られるのか!と苦笑いした有難い思い出です。

最初は怒られ、お試し頂いたお客様からは感謝される。こんな経験は中々ありませんので改めてご紹介させて頂きます。

 

 

この内容などが掲載された『いかめしの丸かじり』は朝日新聞出版さんから販売されています。食にまつわる面白いお話がたくさん掲載されています。

 

 

近頃はめっきり怒られる事のなくなった『冷やしかつ丼』をこの夏もどうぞ宜しくお願いします。

冷やしかつ丼はおかげ様で暑い日は沢山のご注文を頂きます。売り切れることもございますので、お早目のご利用をお勧め致します(^▽^)/